読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sachiko's blog

主に旅行記とライブレポ、気が向いたら他のことも

アイスランド写真展(2)

アイスランドコーヒーと編み物ワークショップ

写真家シバノジョシアさんの写真展に行ってきました。前の記事のつづきです。

 

さて、写真とスライドショーですっかりアイスランドに浸った後は、隣のカフェスペースへ。

ここでReykjavíkのカフェTE og KAFFIのブレンドコーヒーと、北欧スイーツ(名前忘れてしまった・・・ブルーベリーが入ったケーキ)をいただきました。

コーヒーは香りが豊かで、スイーツは意外に甘さ控えめ。美味しかったです。

 

https://www.instagram.com/p/BQX6BfMgtMC/

TE og KAFFI blended coffee from Reykjavík

 

このカフェスペースで、アイスランドウールの編み物ワークショップがあったので、参加してきました!

棒針で下の写真のようなヘアバンドを編みます。私は鍵針しか使ったことがないので今回棒針に初挑戦。

(↓講師の方の作品)

f:id:brosandi:20170212202002j:plain

 

いくつかの色から選べたので私はカーキ色をチョイス。

アイスランドウールは普通の毛糸と比べて軽くてフワフワ。

編んでるだけでなんか幸せな気分になれる笑

f:id:brosandi:20170212202341j:plain

 

棒針には思いのほか苦戦したけど、Airwavesのライブ映像を見つつ、講師の方や他の参加者の方とアイスランドの話をしつつ、編み物ができてとっても楽しかったです。

時間内に完成できなかったので、これから冬が終わるまでに完成させます!笑

 

今回の写真展ではシバノさんをはじめ、色々な方と交流できてとても楽しかった。

早くアイスランド行きたい!!

アイスランド写真展(1)

- a Reader - 

先日、渋谷で行われていたシバノジョシアさんの写真展に行ってきました!

 

https://www.instagram.com/p/BQX4Hfng2oV/

a Reader

写真家のシバノさんが撮影されたアイスランドの風景の写真、そしてその写真とアイスランドのミュージックフェスIceland Airwavesのライブ映像を織り交ぜたスライドショーの上映がありました。

 

写真はアイスランドの美しい自然の風景を映し出していて、思わず「わぁ…」と声に出してしまう美しさ。灯台や氷河、そして雪の風景…特に光の加減、太陽光がさしてくる雰囲気が伝わってきてとても素敵な写真ばかりでした。

ひつじの写真は何度見ても癒されるなぁ。。。モコモコ。。。)

 

そしてスライドショーは、Ring roadアイスランド全土を一周する道路)を一周する構成になっていて、ReykjavíkからスタートしてReykjanesSouth IcelandEast IcelandNorth Iceland、ラストはSnæfelsnesと、アイスランドの風景をたっぷり堪能できました。雄大な自然の風景が壁一面に映し出されていてうっとり見入ってしまいました。

f:id:brosandi:20170212201010j:plain

 

このスライドショー、写真の合間に過去数年分のIceland Airwavesのライブ映像がダイジェストで織り込まれてて、これがまた個人的に好きなアーティストだらけでめちゃくちゃ感動!

 

今年Fuji Rock出演も決まったÁsgeir、いつか絶対生で見たいAgent Fresco、美しく響くÁrstíðir、個人的に注目しているAxel Flovent。サントラ作曲者で有名なJóhann Jóhannsonn、それにLow Roar、ライブが楽しそうなBoogie Trouble、そしてMikael Lind!最近毎朝聴いているÓlafur Arnaldsに、大好きなOf Monsters and Men!!それからOyamaPascal PinonSamarisSin FangSóley…ふぅ。ここに上げたのはほんの一部で、とにかくたくさんのアーティストのライブの雰囲気と、特にオフベニューの雰囲気が伝わってきてとても楽しかった!!

 

個人的に超超感動だったのが、卒倒するような豪華メンバーで結成されたKórusの映像がちょっぴりだったけど見れたこと。

そしてもう1つ超感動だったのはmúm。Krístineが!歌ってる~!!泣

しかもGreen Green Grass of Tunnelを!!

やっぱりKrístineの唯一無二の歌声が好き…。

あとはFor a Minor ReflectionTófa映ったときは久しぶりにKjartan (Holm)の動いてるとこ見ておおおお!!ってなったり。

でも極め付けはやっぱりSigur Rósで、Sæglópurが流れてきた途端、比喩とかでなく本当に全身鳥肌が立って自分でもびっくりでした!!(落ち着け笑)

 

 そんな感じでアイスランドの風景、音楽に浸り素敵なひとときを過ごせました。

(2へつづく)

 

https://www.instagram.com/p/BQX4XFhgR1n/

 

 

 

Catfish and the Bottlemen@赤坂BLITZ, Jan 12 2017

2017年最初のライブはCatfish and the Bottlemen!!

 

というわけで赤坂BLITZで見てきました!!

前回(もう2年前だなんて信じられない)見たときは前の方で見れたので、今回はわりと後ろの方でまったり見てました。

とは言えめちゃくちゃ盛り上がったのでまったりというわけにもいかなかったけど笑

 

ライブは15分くらい遅れてスタート。

メンバーが登場すると(主に黄色い)歓声がキャーっと上がり、大好きなHomesickが始まる。この曲聴いたときの衝撃は今でも覚えているんですが、もうビビビっときてそのままどっぷりこのバンドにハマったきっかけになった曲です。

サビの盛り上がりで一気にオーディエンスに火が付いた感じで、もうそこからノンストップで盛り上がってました!!

 

f:id:brosandi:20170114095301j:plain

 

彼らの楽曲ってライブ映えする曲のオンパレードだなと改めて実感。

2ndアルバムでお気に入りの7Anythingもライブで聴けて満足!

あとOutsideもライブで化けそうだなと思ってたけど期待通り、かっこよかった!

もちろん1stからの曲もキラーチューン何曲持ってるのよっていう勢いで。

KathleenPacifier、そしてCocoonああもう最高だな!!!

 

 

 

Vanはとにかくステージの端から端まで、行ったり来たり、上ったり下りたり、絶え間なく動いていて、オーディエンスとコンタクトを取りながらライブを作りあげている感じ。

前に見たときは「こんなに頭激しく振って脳震盪起こさないかな!?」と心配になるくらい若干オーバー気味のパフォーマンスだったんですが、今回は動きは相変わらず激しいんですがとにかく右行ったり左行ったり、ステージをフルに使ってる感じでした。

それにしても何でVanのマイクスタンドは倒れないのか、謎。

 

個人的にBondyのギターの音色がとても好きで、特に2nd verceでギターリフ入ってくるパターンが本当好きなのでライブでも心の中でサビよりもそこで高まってました。

割と序盤でBondyのギターソロ入る直前にいきなりVanが "This is Johnny Bond!"って紹介したのにはなぜか笑ってしまったんだけど。

(そしてその後、他のメンバーを紹介することはついになかった)

 

そしてBobのスマイルが本当に演奏を楽しんでいる感伝わってきて、こんな幸せそうな表情でドラム叩く人が他にいたでしょうか!!フワフワの髪がファサって揺れてその間からこぼれる笑顔。美しかったです。

 

そんなBobの方しょっちゅう向きながらベースを奏でていたBenji。ベースの音大きめだったのでベースラインが響き渡る。ラストTyrantsの長~い溜めの部分でBenji&Bobによるドラム・ベースタイム、かっこよかった。

 

f:id:brosandi:20170114095519j:plain

 

次の曲までに間があると途端にオーディエンスと(主に)Bondyとのおしゃべりタイム始まってて(後ろだったのであまり聞こえなかったけど)、もはや友達のライブ見に来ましたみたいな空気感も漂ってました。途中、謎の「Glasgowやって!!」コールに一瞬だけそのイントロ弾いたり、ファンの方が渡した日の丸をVanがBondyの後ろからマントみたいにかけて結んだり、ファンとの距離感の近さ?みたいなものも感じました。

 

ラストのTyrantsのアウトロはめちゃくちゃ盛り上がって、最後はVanが一番高いアンプにマイクスタンド持参で上り、日の丸とギターをスタンドにかけて去っていきました。

 

ライブ後は、VanとBob(髪お団子に結ってた~)がひとりひとり丁寧にファンサしていて、サインや写真に応じている間も絶えず会話をしてるのを見て、これはファンの子もついてくわと納得。

日本ではフジやら大阪やらのキャンセル騒動はあったけど、ライブはとても盛り上がったし、メンバーがファンに対して真摯に対応しているのを見れたし、今日来れてよかったな~と思ったのでした。2017年、いいスタートをきれました!

 

*Set List*

1. Homesick

2. Kathleen

3. Soundcheck

4. Pacifier

5. Anything

6. Business

7. Fallout

8. Postpone

9. twice

10. Outside

11. 7

12. Cocoon

13. Tyrants

韓国こぼれ話

Sigur Rósを見るために初めてお隣、韓国に行ってきたわけですが…(ライブレポについては前の記事に書いてます)なにせ弾丸たったので残念ながら観光はできず、、というわけで韓国の旅については少しだけ。

 

★初〇〇!!

今回は羽田空港↔︎金浦空港JAL利用で。

実はJALの国際線乗るのはこれが初めて

羽田空港の利用も初めて

ということで初めて尽くし。

 

感想は…今まで乗った中で1番快適だった!

エコノミーでもスペース気持ち広め。揺れ少ない。

機内食おいしい、ドリンクサービスもたっぷり。

もう二度と乗る機会もないだろうと思いちょっと奮発してよかった。

快適な空の旅ってこれだ!笑

 

まぁフライト時間が短かったからってのもあるのかもですが…

映画は最新作も揃ってましたが時間もなく『ペット』だけ観ました。んー自分の想像してたストーリーとは少し違ってまぁ軽く機内で観るにはちょうどよかったかな。

 

★時差がないって素晴らしい!

もうその一言につきる。疲れが全然違う。

あっという間にソウル着。地下鉄でホテルのある駅まで移動します。韓国の地下鉄は車両が日本のよりも広め、その代わり椅子は硬かった...。英語と日本語の車内アナウンスもあり、あまり海外にいる感覚もない。

 

泊まったホテルはソウルの中心街、明洞から少し行ったところで、今回ライブ会場からは少し離れてましたが、交通の便は良くて困らなかったです。

交通機関に慣れてない地に行くときは、アクセスが良いところに泊まるのが無難ですね!

 

★韓国で食べたものたち

到着日は夜だったので、近くのセブンで朝食とお菓子などを調達。

f:id:brosandi:20161127003953j:plain

手前のはハムとチーズが入ってて表面にはタマゴサラダ?っぽいのがトッピングされているサンドイッチ。

真ん中の飲み物はコーヒー牛乳バナナ牛乳

あと写真撮ってないけどメロン牛乳も飲みました。

ものすごく甘いけど、疲れた体にはちょうどよかった~。

そして奥のバナナチョコパイ!!これがとってもおいしかった!!

チョコとバナナの組み合わせ最高ですね~。

 

2日目のランチに食べたのは、エビチャーハン的な。

f:id:brosandi:20161127122215j:plain

ん?ここにきて中華??でも味付けは甘めでどちらかというとエスニック???

いやいや、だってお腹すいてるときに鉄板のジュージューという音と香ばしい匂いが漂ってきたかと思うと、そこに鉄板料理がずら~と並んでたわけ。

誘惑に負けて食べちゃった。(おいしかった!)

ちゃんと旅行で行ってたら、ちゃんとしたお店で韓国料理食べてただろうけどね!

今回は違うから!

 

あとシェアしておきたいのはこのサンドイッチ(これもセブンだけど)

f:id:brosandi:20161127114951j:plain

これがすごくおいしかったのです。

ケイジャンソースのハムとチキンのサラダ。

ピリ辛なんだけど、けっこうスパイシーで。

ミックスサンドセットにもツナ(もしくはハムカツ)ポジションにこいつが入ってた。

 

あと写真は撮りませんでしたがスタバナッティラテを飲みました。甘くておいしかった。(韓国でもセブンとスタバにお世話になりました)

 

★免税店ショッピング♪♪

結局観光する時間がなかったので、明洞の代表的な免税店である

ロッテ免税店でショッピング。

Duty Freeって言葉大好き。

 

今回買ったのはコスメ↓↓

f:id:brosandi:20161127120310j:plain

GUERLAINのアイシャドウ、YSLのリップ、CHANELのアイシャドウ。

 

実はコスメの中でも特にアイシャドウが好きで

ファッションに合わせてパレットに必要な画材選ぶ感覚でついつい買ってしまう

ブルーやネイビーに合わせるブルー系のをずっと探してたので

これで満足。もう当分買いません。

 

カムサハムニダ

最後にひとつ。

韓国語の響きが思ってたのよりもずっとやさしくて、

アンニョンハセヨ

カムサハムニダ

この2言だけでしかやり取りできなかったけど

それでもどこかほっこりいい気分でした。

 

どこの国に行くのでも、

こんにちは と ありがとう だけは

現地の言葉で言えたほうが良い!!

 

書けることはこのくらいです...。

結局ライブのことで頭がいっぱいで何もできなかった。

でもライブがなければ行くこともなかったでしょう。カムサハムニダ!!

f:id:brosandi:20161127121704j:plain

 

Sigur Rós at Jamsil Indoor Stadium, Seoul Nov. 22. 2016

Sigur Rósを見に韓国のソウルまで行ってきました!韓国初上陸!ライブ以外の道中についてはまた別に書くとして、まずはライブについて書きたいと思います。

 

ライブ会場はキャパが13,000くらいで日本の武道館くらい?の規模。私はスタンディングのステージに一番近い、Orri側のブロックでした(フジはGeorg側だったので今回はこっちにしました)。

 

会場までの道は数メートルごとに(街灯?)フラッグがかかってて、開場入口には巨大なバナーが出てて、この時点で相当テンション上がりました。

f:id:brosandi:20161123201126j:plain

 気づいたら韓国まで来ちゃったよ...という感慨深さもありつつ

f:id:brosandi:20161123201440j:plain

 これが日本だったら武道館だったのかな...という寂しさもありつつ

 

進んでいくとさっそく物販スペースが。Tシャツ、トートバック、ニット帽などのアパレルやLP・CDの販売も。もう少しでLP買っちゃうとこだったけど(プレーヤーがない)そこは抑えてトートを買いました(柄はTakk....のジャケット↓)

f:id:brosandi:20161123201633j:plain

 

上の写真に写っている黄色いリストバンドをもらって、いよいよ会場内へ。スタンディングは傾斜がないのでときどき前の人で視界が、、あっ、あ、、ってなるときはあったけど、思ったよりステージは近かったし、(最前で見てた)フジのときには見えなかったサイドスクリーンの映像も見れたのでよかったです。

 

始まるまでの間、静かでどことなく不気味な感じの音楽が流れてて(たまにÓveðurのイントロみたいなフレーズも)一気にSigur Rósの世界に引き込まれます。そして時間ちょうどにメンバーが登場し、Óveðurからスタート。フジでもこの曲からだったのでいつの間にかものすごく思い入れの強い曲になってて(ちなみに新曲です)、ちょっとこの曲について語りますね。

 

Jónsiといえばあのファルセットですが私は普通の歌声の方が更に好きで(ファルセットも好きだよ!!)Óveðurは普通の音域からだんだん盛り上がり、後半のJónsiの声の伸びがとても力強くて、ラスト近くでファルセット入るっていう静かに始まってゆっくり盛り上がるこの展開がたまらないんですよ!!オープニングにもバッチリはまってて...。あと後半のドラムに合わせて眩いフラッシュが光る演出、すごくかっこよかった。

 

今回はセットが少しシンプルになってて、ブラインドみたいなパーテーションはなくなってました。でも音響はフジで聴いたよりもずっと良かった!!

 

全体のトーンはアルバム"Kveikur"直系な感じでとにかくヘヴィ。それに"( )"暗さと静けさを合わせた感じでしょうか。もちろん他のアルバムからの曲もセトリに入ってるけれど、きらきらした多幸感のような雰囲気はあまりない。Glósóliも後半こんな激しく破壊力ある曲だったっけ!?!?ってほど、Orriのシンバルライトニングが炸裂してすごい。(ところで今回Orriは長かった髪の毛をバッサリ切っていて、前髪の分け目もたぶん変わっててだいぶ印象が変わってました)

 

破壊力のすごさでいったらこの日印象的だったのがNý Batterí。冒頭のボウイングはそれはもうものすごかったんですが、静と動のコントラストがはっきりしてて、ラストは全ての楽器とボーカルが炸裂し、とてもじゃないけど全てを受け止めきれない感じでした。

 

あとKveikur。最初からとことんヘヴィでこのライブの雰囲気では主役な感じ。やばい本気でかかってきた、みたいな(?) 。Georgのベース本当かっこいいんだこれが。

 

そして忘れてはいけないSæglópur!!

やっぱり後半の勢いはもんのすんごい!!!

前半ですでに泣きそうになっているところに容赦なくとどめを刺してくる感じ。むり。死ぬ。あれは本当この世のものではない。

 

f:id:brosandi:20161125222311j:plain

 

その一方、やっぱり泣いたのはFestival。前半のJónsiが歌うところで元々KjartanパートだったピアノをOrriが弾いててもうそれ見て色々複雑な思いもありつつ泣いてしまった。拍があってないような部分なのでKjartanJónsiを見ながらタイミング合わせてたあのパート...。そして今度はOrriが。これがものすごく美しかった.....(後半はまたJónsiがめちゃくちゃ煽ってましたが)

 

しかしそれにまして泣いたのは、フジで聴くことのできなかったFljótavík!!

この曲は個人的な思い入れが強かったこともあり、美しすぎるメロディー、歌声、そしてここでもOrriのピアノにどうすることもできず聴き入っていました。この曲聴けただけでも韓国に来てよかったと思う。それくらい感動しました。

 

Jónsi "Takk fyrir, takk fyrir koma"(来てくれてありがとう)と言うとあっという間にラストのPopplagiðへ。

最後の最後でもうこの日のすべての曲足したようなエネルギー量で爆発してて

もう無理ですごめんなさいそれ以上やめれぇぇぇぇと叫びたいけど声すら出ないみたいな感じでした(伝われ)。

あれを生で見てしまったらしばらく生きた心地はしない。何であそこまで表現できるのか。どの曲もアルバムの100000000倍は迫力ある。

1年分の感情を引きずり出され身体もバラバラに引き裂かれたような気分でした。 

 

ラストはステージに"TAKK"(ありがとう)の文字が映し出され、3人が出てきてお辞儀。やまない歓声に再び出てきてまたお辞儀。あっという間、ほんと短すぎた90分のステージでした。

f:id:brosandi:20161125220647j:plain

 

そんなこんなで私の韓国遠征は幕を閉じました。帰り際、現地の女の子にポスター前で写真を頼まれたので撮ってあげたら、私も撮ってもらえました(このポスター、貰えばよかった...)

f:id:brosandi:20161124215834j:plain

 

韓国こぼれ話はまた別の記事に書きます。

 

*Set list*

1. Óveður

2. Starálfur

3. Sæglópur

4. Glósóli

5. Vaka

6. Ný Batterí

7. E-bow

8. Festival

9. Yfirborð

10. Kveikur

11. Fljótavík

12. Popplagið

 

ブログへお引越し

これまでライブレポをTumblrにまとめていたのですが、特にスマホからだと読みづらかったり、編集の使い勝手が好きになれなかったのでブログへ移行することにしました。

 

ここでは、ライブレポと旅行記を主に、気が向いたらシェアしたいことでも(映画とか音楽とかアートとか)書こうかなと思ってます。そんなに頻繁には更新しないと思いますが、少しでも楽しんでいただければと思いますので、よろしくおねがいします!

 

過去のライブレポは引き続きTumblrに残してあるので興味のある方がいましたらどうぞ↓↓

lovelyday4ever.tumblr.com